平成31年2月度、月例大会

2019210日、姫路市木場の「木場ヨットハーバー」を基地に活躍している美里丸をチャー

冬の風物詩、小豆島沖のマダイをターゲットに「タイサビキ釣り大会」を行いました。(参加者9名)


まだ真っ暗な早朝、係留所を離れ夜が明けた頃、釣り場に着いた美里丸

去年と同様、僚船のシバキ丸に3人分乗、同じ釣り場へ同行した

釣り場到着時には、マダイのポイントには既に多くの釣り船が集結していた

水深40~30㍍のポイントで仕掛け投入した途端、西本さんにいきなりヒット!


リールドラッグ緩めの調整で難なく釣り上げたメデタイに幸先良いスタート


ここ独特の竿上下自動制御調整器に取り付けたロットにヒットさせた川田幸正さん


松岡栄治さん、納竿直前に連続2匹を無事釣り上げた


川田 務さん、苦戦しながら釣り上げた貴重な1匹

入賞順位

対象魚
一匹長寸
入賞者氏名

1

マダイ

48.5cm

西本 正義

2

マダイ

43.5cm

川田 幸正

3

マダイ

41.5cm

松岡 栄治

4

マダイ

31.5cm

川田  務


この時期、人気好評の小豆島のマダイ狙い。最もヒット(食い)の確率が高い仕掛けを選ぶのが釣り人の信条であろう。何所の釣り具販売店の仕掛けコーナーを
覗いてみても、必ずと言っていいほど置いてある「小豆島マダイS仕掛け」だ。各釣り具メーカー製作の仕掛けに当店オリジナルなど、売れゆきは好調のようで、
ヒットの確率が一番高いのはやはり皆さんが乗船する乗りつけの「釣り船」の船内で販売しているオリジナル仕掛けが最も有利のような気がします。
何れにしても釣行当日の潮の状況とあなたの腕が一致すれば必ずと言っていいほど釣れます。時合到来時には、気を抜かず真剣にやることこそが好釣果に
繋がるでしょう。この周辺から出船している各釣り船の巡航速度は燃費節約のため約14ノット、小豆島のマダイ釣り場に辿り着くには片道1時間30分ほどかかる。
その間ワクワク楽しみ雑談。12月~3月にかけメバル以外に瀬戸内海の釣り物は殆んど少ない。それ故に、この時期は小豆島のマダイ狙いは釣り人の
人気ターゲット魚である。と言いながら
今回も厳しい釣果にて帰港した。釣りは良い日も悪い日もあるから面白い、海原の釣り人のロマンは益々広がるばかりだ。

お世話になった:遊漁船・美里丸、この釣り船は、小豆島のマダイ釣りに精通している。どうぞご利用ください