平成30年5月度、月例大会

2018527日、宮津大島養老漁港を基地にしている・裕凪丸をチャーター「沖メバル釣り大会-2」を行いました。(参加者8名)


参加者全員、裕凪丸に乗り込み午前5時、養老漁港を出船


一時間程走った丹後半島沖、浦島曽根水深120㍍のポイントで釣り開始


前回に続いて良型オニオコゼ(イズカサゴ)をゲットした西本正義さん


二匹目の外道、良型シロソイ(タヌキメバル)もゲット、有難いお土産確保


全員苦戦する中、久々に良型沖メバルをゲットした日高 登さん


國元会長も何とか対象魚の沖メバルをゲット


宮本雅成さんも苦戦さながらレギュラーサイズ、ダブルゲットにやれやれ


松岡栄治さん、宮津名物、外道の良型アマダイ(ぐじ)をゲット!


 川田幸正さん、沖メバル&シロソイ(タヌキメバル)ゲット

川田 務さん、苦戦続きの中、やっと外道のシロソイゲットに苦笑い

入賞順位

対象魚
一匹長寸
入賞者氏名

1

沖メバル

33.5cm

日高  登

2 沖メバル
31.0cm

國元 洋正

3 沖メバル
29.0cm

西本 正義

4 沖メバル
27.0cm

宮本 雅成

            
今回も良好な釣り日和に恵まれ太一船長が操船するブルーオーシャンに参加者全員乗り込み午前5に養老漁港を出船、前回と同じポイント目指しP到着後
スパンカー攣り上げ釣り開始。第一回目のポイントは殆んど反応なし、一時間後に西本さんが前回に続いて外道の良型鬼カサゴをゲットしたのに続き良型
シロソイ(タヌキメバル)もゲット後、時々外道のシロソイが上がるだけで本命の沖メバルは今回も潮流悪条件で殆んどアタリがない全員苦戦する中、
前回同様、正午過ぎた頃の到来時にポツポツと上がったが後が続かず一人平均10匹程度の低釣果に止まり、期待とは裏腹に今回も不満足な帰路となった。

お世話になった:裕凪丸