平成29年3月度、月例大会

2017319日、徳島県鳴門市 亀浦漁港を基地にしている釣り船・はらまる

「原 昭広 船頭」をチャーター「バル釣り大会-U」を行いました。(参加者8名)


出船前にメバルの釣り方、誘い方など、船頭の詳しい説明を聞くメンバー


午前6時に亀浦漁港を出船、メバルのポイントへ向かう


海峡大橋の西方、水深35bのポイントで釣り開始


川田幸正さん、第一投目いきなり良型ゲット


紅一点女性釣り師、中村千鶴ママさん、粘り一徹でメバル呼ぶ


川田 務さん、ダブルで釣り上げた直後に良型ゲット


日高 登さん、わしゃガシラしか釣れんわ


宮本雅成さん、今回も入賞のメバル

入賞順位

対象魚

一匹長寸

入賞者氏名

1

メバル

28.0cm

川田 幸正

2

メバル

27.0cm

中村 千鶴

3

メバル

26.0cm

宮本 雅成

4

メバル

25.5cm

川田  務

                    

今回も「ご当地メバル専用サビキ」を使用することになった。釣り場は海峡の西側沖 水深35bのポイントで釣りはじめ
一時的には、全員ポンポンと釣れたが 後が続かず阿那賀の風力発電所沖へ移動、ここでもポツポツ こんどは海峡周辺で
何度か仕掛け入れるが魚信反応薄い、その後 海峡周辺を何度か行ったり来たりの往来で対象魚のメバルのアタリ
が殆んど感じられない状況に仕方なくホテルが並ぶ波穏やかな海峡東側沖へ転進、お持ち帰り用のガシラ狙いに徹し
その後もポイント移動 苦しい釣果の中、最後まで何とか多く釣らせてやろうと意気込む船頭さんの気持ちが伝わることに
感謝。終いもこちらから要請することで納竿、メバルの釣果は低釣だったが良型ガシラのお土産がたくさん釣れました。

お世話になった:はらまる水産